ネイティブ広告型LP・ブログ制作時に商品を売る為・登録を促す為の文章

 

ガチ株式会社では、LPや口コミ制作等での課金力のある文章には定評をいただいております。

 

サンプルサイトは今後見繕いますが、

弊社の作成したLP文章からの登録は、課金力の高いユーザーが集まる傾向にあります。

 

弊社が他のLP作成業者とは違う部分が一つあります。

それは、サービスを自社で運営をしていた点です。

 

LP作成会社サービス運営会社の間では目的の相違点があります。

LP制作会社は、いかに多くの顧客を送り出す事が出来るかに焦点を当てており、

サービス運営会社は、いかに質の良い顧客を得るかに焦点が当たります。

 

 

 

コミュニティサイトを運営していた時期に、

 

いくつもの失敗をしました。

 

例えば、動画サイトのバナー広告はコミュニティサイトの販促には向かないと言うことや、

口コミサイトでの口コミにより登録したユーザーはヘビーユーザーとなる可能性が高いこと、

文章を読みにくるユーザーにはデザインの豪華さはあまり必要にならないということ、

数多くユーザーを獲得できる場所であっても、質が異様に低い媒体など、

 

そうして、自社でLPやランキングサイトなどを立ち上げ、集客を大量に行ってまいりました。

サービスを運営していた経験上、質の低いユーザーを集客するLPは、

 

歓迎されないことを熟知しています。

 

弊社のホームページに残しております、「同性愛情報」の項目は、実はその名残です。

この名残は、サービスを運営する上で、サービスを提供するスタッフが、

彼らだからこそこのサービスを使う、と言う、「思い」を伝える事で、

信用や、ファンを得ようと立ち上げたブログから移転させたものです。

2009年から立ち上げた前身のブログからすでに6年。

 

磨き続けてきたテクニックです。

 

文章制作の方法

注意すべきは三つ。

・相手と自分の立ち位置を想像する

・個人の感想として作る

・文章は基本読まれない事を知る

 

相手と書き手の立ち位置を想像する事

LPを作るうえで、まず設定しなければいけないのは、

「誰」が書いたのか。

商品販売会社が作ったLPは、それは「セールス」である、とそのページを見たユーザーは判断します。

それよりも、より顧客に近い目線のユーザーとしての書き手の位置を設定することで、より高い効果を示します。

そして、書き手の立ち位置を想像したならば、書く文章も全く変わってきます。

この人はこんな事は言わない、この人はこういう食べ物が好きだろう、この人はこういう性格だ、

どんどん突き詰めていき、文章を作成していきます。

 

個人の感想を語る

製品・商品の紹介は、どうしても用意された物をそのまま文章で紹介することとなります。

しかし、それではどこででも聞く、ただの宣伝文句となってしまいます。

あくまでも、個人として商品を使ってみた感想を想像し、

そこから、個人としての感想を書き連ねることがLP制作での肝になります。

よくある、口コミ紹介などは、個人の感想を断片的に集めたものとして、重要な要素です。

その中で、重要なのは褒めすぎないということ。

最初から最後まで褒めたたえた文章の場合、信憑度が減ります。

ここは良いけどここは悪い、そんな、個人としてのレビューを作り上げると効果は高いです。

文章は基本読まれない

ここまで書いておきながら、踵を返すような要素ですが、

文章はどんなに長く書いても、どんなに適当に書いても、どんなに力を入れても、

読まれる部分は最初の数行です。

その数行、最初に目に入った部分を読んで、もっと読みたければ読むので、

ほとんどが読まれません。

商品の宣伝くささが出ると、そこでバックスペースキーを押します。

 

 

いかに、最初に詰め込み、宣伝ではなく感想として作るかが重要になってきます。

 

 

 

 
Share on Facebook

見積もり・問い合わせフォーム
ガチ株式会社へのお仕事ご依頼・お見積もりの問い合わせはこちらから送信ください。
ホームページ作成
PHP制作依頼
wordpressカスタマイズ依頼
システム開発見積もり依頼
飲食店販促サービス問い合わせ
求人
会ってみたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です