多重登録・不正利用に対する思い。

正直に申し上げますと、

多重登録もそれはそれでいいのではないかなと私は思っています。

それも一つの手段ですから。

騙される方が悪いと言えば、聞こえは悪いですが、

個人的には、それを信念を持って行っているのであれば、それも正義だと思うのです。

しかし、それを正義と考えたからには、

禁止されていることで利益を得た以上、

禁止されていることで利益を奪われる覚悟をしなければいけないとも考えています。

自分の正義を人には押し付け、自分は棚に上げる事は、正義では無いと考えています。

 

つまり、私自身にもこれは当てはまり、

こうしたトラフィックエクスチェンジサービスを運営している以上、

それはやめてくれ、迷惑だと禁止されたサービスをあえて行っている事を自覚しなければなりません。

なので、たとえあるユーザーが迷惑な行為をしてきたと言っても、

それを防げなかった以上はそれは甘受すべきことだと考えています。

それを防げるのであれば、全力で防いでこそだと勘耐えています。

 

さて、多重登録に対する意識の前提をお話したうえで、

今回、多重登録やプロキシ利用に対する利用制限の強化を行いました。

ある日突然アカウントがブロックされるようになります。

ポイントの大小、ダウンラインの大小、登録時期にかかわらず、

後で判別されたアカウントが自動的にロックされます。

プロキシに関しても、チェックがランダムで行われ、判明した段階でロックがされます。

 

ロックされたアカウントでは当然ながらこれまで溜まったポイントを使用することはできません。

 

また、悪質な場合はこれまで使用したポイント分を請求する場合もあります。

 

なぜこのように強化をしたのか。

サイトの利益のためももちろんあります。

初回登録時にボーナスポイントがあり、そして、ダウンライン報酬もあります。

しかし、それよりも大きい決め手となったのはミッションです。

ミッションでは、1アカウントで同じグループに設定されたミッションは1回しか行えないようにしてます。

多重登録で複数のアカウントを利用することで、そのシステムが崩れてしまいます。

トラフィックギアでは許容していたとしても、グループ設定しているミッションは基本的に一回限り行うもの。

それを二回も三回も行うことで、ミッション先の利益、そして、ミッションを出した人の信用も損ねていることになります。

トラフィックギアからユーザーを送る以上、それは、たとえミッションであったとしても、

「成果として承認されるような質の良いユーザーを送りたい」と考えています。

そのためのグループ化で、そのシステムを崩す行為は、やはり私には許容できず、今回の強化へとなりました。

 

私は思います。

例えトラフィックエクスチェンジミッションリファラスパム、ツイッター・ブログ成りすまし等、

さんざん不正であるとはっきりと断言される案件は大小企業いくつも取り扱っていますが、

それでも、その目的は結果的に、良質なコンテンツやサービスであったり、誰かの利益であったり、

自分とは関係のない、他の人が喜ぶことにつながるようにしたいです。

そして、こうしたトラフィックエクスチェンジなどのサービスは、「どこかに迷惑をかけたうえで行っている」ことを自覚しなければいけません。

 

世の中にとって不正をするならば、それでもそれを行うだけの、覚悟と目的をもつべきです。

時には逮捕されるかもしれない、多額の請求をされるかもしれないという不安や恐怖を感じてでも、絶対に逃げ出さないようにするためには、

それが無ければ続きません。

 

つまり、言いたいのは何かと言うと、一部の方は、覚悟が必要ですよ、ということです。

 

 

ちなみに面白い話で言えば、

多かれ少なかれ、有名な企業でも不正であると言えることは手を出していたりします。

しかしそれは、誰も不正と思わない状態に進めてから手を出すのが一般的です。

例えば、SEOなんかも、ある意味不正であるとさえ言えます。

実際には人気が無いページにも関わらず、無理やり上位に表示することでお金を得るのですから。

誰も、それが不正であるとはあまり考えません。

 

SEOのお話を聞くたびに、表向きはすごい有名な企業を相手にする会社でも、

ちょっとブラックなお話などを聞くことも多いので楽しいですよ。

 
Share on Facebook

見積もり・問い合わせフォーム
ガチ株式会社へのお仕事ご依頼・お見積もりの問い合わせはこちらから送信ください。
ホームページ作成
PHP制作依頼
wordpressカスタマイズ依頼
システム開発見積もり依頼
飲食店販促サービス問い合わせ
求人
会ってみたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です