パソコンの最上部にも表示枠があります。

収益特化型キュレーションサイトパッケージGurateで作るオウンドメディア

Gurateはオウンドメディアとしての利用にも適しています。カスタマイズ次第ではポータルサイトへもなりえます。

ツイート
8views

オウンドメディアとは何か

オウンドメディアを一言で簡単に説明すると、「Owned = 所有する」メディア、つまり「自社が所有するメディア」を意味します。

そもそも、オウンドメディアという言葉が最初に注目された背景には、「トリプルメディア※1」と呼ばれるメディア分類の考え方が提唱されたことが挙げられます。国内では2010年ごろにその概念が広まり始めました。

※1 「Paid Media(従来の広告メディア)」「Earned media(ソーシャルメディアなど、広告費で掲載をコントロールできないメディア)」に加え、「Owned media(自社が保有するメディア)」という分類を総称してトリプルメディアと呼びます。『トリプルメディアマーケティング』(2010、横山隆治著)などが詳しい。

トリプルメディア論でいうところの「オウンドメディア」は、広義の意味で捉えられています。Webサイトに加えて会報誌やカタログ、パンフレットなどメディアの形態にかかわらず、自社発信のメディアはすべてオウンドメディアという解釈です。

一方、最近注目を集める「オウンドメディア」が指す形式としては、ずばり「企業が運営するブログ形式のWebメディア」と言ってしまっても差し支えないでしょう。私が代表を務めるサムライト社では、こちらの概念をいわゆるオウンドメディアとして捉え、ブログ形式での企業メディアを展開しています。

それを踏まえた上で、改めてオウンドメディアの定義を記載すると、次のように表せるでしょう。

企業が発信したい情報を、ユーザー目線に合わせてコンテンツ化し、発信するメディア
企業側の都合だけで勝手にコンテンツを発信するのではなく、ユーザーが読みたい、知りたいと思う形に変えること、これが非常に重要です。

出典:web-tan.forum.impressrd.jp

つまり、現在弊社がGurateを宣伝するにあたり使用しているような方法は、
どちらかと言うと、キュレーションサイトと言うよりも、オウンドメディアとして利用している事に他なりません。

キュレート(まとめる)事をせずに、文章で自社商品を説明していますので。

キュレーションサイトとは、初心者でも見た目が綺麗に編集できるオウンドメディアとしても成り立つ。

形式が決まっているということは、とても綺麗にレイアウトすることに適しています。
サイトを運営されたいと思う方の多くは、一度はワードプレスの編集画面を触ったことがあるのではないでしょうか。
自由度はWordpressのエディターや、太字等を付けられるエディターの方が当然上ですが、
果たしてそれを使うとなると、意外と綺麗に見栄えを整えることが難しかったりします。
画像の横に一文字だけ文字が回り込んでしまったり。

ウェブ黎明期に良くあったような、大きな赤文字がバランス悪く配置されていたり。

自由に扱うには、ある程度のセンスが要求されるものです。

キュレーションサイトは全てオウンドメディアであるべき

以前の記事でお伝えしました通り、PPC広告だけでは収益は微弱すぎて、努力が報われにくいです。
それ以上の収益を得るには、何かを売るためのサイトとして運営する必要があります。
すなわち、オウンドメディアとして運営する必要があります。

もし、1pv=0.3円だとすると、どのくらいのPVを集めると稼げるのでしょうか。

例えば、月間100万PVを達成した場合。
収益としては30万円/月程度になります。

ここから、ライターへの報酬を計算します。
もし、一日10記事募集するとすると、一記事当たり800円~1200円程度が大まかな相場ですので、
最安で雇えたとして、800円とした場合、
一日あたり8000円、一か月で24万円かかります。
平均的な1000円とした場合、
一日当たり10000円、一か月で30万円かかります。
利益としては6万円~0円(サーバー代等割愛)と、ぎりぎり儲けられそうに感じます。

出典:gati.co.jp

オウンドメディア。あなたのメディアとして、何を売るかを自分で決めて、運営してみませんか?

記事下広告は最も効果の高い広告枠です。

オススメの記事オウンドメディア・キュレーションサイト制作パッケージ販売[GURATE]注目まとめ

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す