パソコンの最上部にも表示枠があります。

マネタイズに特化したキュレーションサイト構築パッケージ「Gurate」リリースのお知らせ

1PV当たり0.1円~0.2円と言われる中、マネタイズに特化させたキュレーションサイトシステムです。

ツイート
-1039views

キュレーションサイトを作る時、マネタイズを考えなければ失敗します。

キュレーションサイトを作ろう!
収益はアドセンスで!
勝手に記事を書いてくれる人がいるから何もせずに自動的に稼げる!

と、安易にキュレーションサイトに手を出すと…大変なことになります。

かかる費用と、いくら投資するか、そして、PPC広告以上の収益性の高い広告の引き込みを検討する必要があります。

PPC広告(adsense等)で稼ぐならばどのくらい儲かるか。

Adsenseや、Imobileなど、クリック一件につき数十円となるものがPPC広告です。
Adsenseの場合はキュレーションサイトの記事の内容にも多少影響されるのかもしれませんが、
読者自身が過去に検索した結果に基づいて広告を表示しますので、
比較的高いクリック率を示します。

が、平均してどのくらいの収益になるのかというと、おおよそ1PV当たり0.1~0.2円くらいが限界のように感じます。
(数年前には0.5円等もあったようですが、検索をしてみる限り。)

上記ブロガー番付表のPV数と収益の関係を踏まえると、1PVあたり0.3円ほどの収益が上がる計算となっているようです。

つまり、【ブログ収益】=0.3円×【PV数】の数式が成り立つことになります。

もしブログのGoogle Adsense収益だけで食っていくならば、希望収入を30万円と定めたら、月間で900,000PVを稼ぐ必要があります。

どうですか、現実味ありますか?

私は全く想像がつきません(;´・ω・)

出典:www.mani-mani-money.net

もし、1pv=0.3円だとすると、どのくらいのPVを集めると稼げるのでしょうか。

例えば、月間100万PVを達成した場合。
収益としては30万円/月程度になります。

ここから、ライターへの報酬を計算します。
もし、一日10記事募集するとすると、一記事当たり800円~1200円程度が大まかな相場ですので、
最安で雇えたとして、800円とした場合、
一日あたり8000円、一か月で24万円かかります。
平均的な1000円とした場合、
一日当たり10000円、一か月で30万円かかります。
利益としては6万円~0円(サーバー代等割愛)と、ぎりぎり儲けられそうに感じます。

それでは100万PVとはどの程度のレベルなのかと言うと、
一日に3万人が来場するレベルです。
similerwebでおおよその閲覧者がわかりますので、気になるキュレーションサイトの閲覧者数を見てみましょう。

このように表示されます。Kは1000です。つまり、このサイトの場合は一か月に15000人が訪れるサイトだと言う事です。

こちらは六か月以上の経過が見られますが、月間4万人ほど。
収益としてはぎりぎり一万円行くか行かないかの所では無いでしょうか。

人は勝手に記事を書いてくれない。

キュレーションサイトを運営したいと考える理由の一つに
「自動的に収益となってくれるから」
と、考える方も中にはいらっしゃいます。

もちろん、一部の方へ報酬を渡して、他のフォロワーへは勝手に書いてもらう形でも良いでしょう。

しかし、ほとんどの人は、勝手には記事を書いてくれません。

クラウドソーシングなどでライターを見つけていく必要があります。

勝手に書かせてはいけない

そして、実は勝手に書かせてしまうと、大変なことになる場合もあります。

アドセンスの場合は特に、厳しい制約があります。
アダルト関係の記事や、お酒やギャンブルも扱うことが出来ません。
悪いことを書こうものならばアカウントを停止されます。

そのため、しっかりと教育をした方に自由に書いてもらうか、承認制をとる必要があります。

PPC広告の配置で変わる収益

PPC広告は、クリックされて初めて報酬が発生します。
クリックされやすい位置に広告を張らなければいけないのですが、
張る場所によって、むしろ無くても良いのでは、とさえ思う位置もあります。

理想的な場所に張って初めて、1pv当たり0.3円と言った超高単価が実現できるようになります。

広告を張って効果が高い代表的な場所は以下の三つです。
記事下
記事中
記事上

この三つさえあれば、後はいらないとさえ感じられるほど、
この三つだけで8割以上の収益性を占めます。

サイドバーに掲載したところで、記事下の10分の1以下の収益率となるでしょう。

PPC広告以外の収益方法とは。

実は、バナー広告自体が既にあまり効果を示さなくなっています。
中には、adblockなどの広告をブロックする機能を付けている方もいらっしゃいます。

そうした中で、さらに後発であることから読者自体を獲得しづらい状況の中、どうやって収益を出すか。

専門に特化していくことが一つのカギとなります。

専門に特化させる

韓国情報や、マンション情報など、そのための専門サイトを作る事で、
そこへPPC広告以外の広告の掲載依頼が入ってきます。

入ってきた広告へ対して、言い値での交渉ができます。

さらに、広告へ対してただバナーを張るだけではなく、紹介記事を書きましょう。
それにより、一気に収益性はアップします。

紹介記事(ネイティブ広告)による収益の上昇

紹介記事をそれとなく書くことで、サイトのコンテンツの中に一つの広告ページが出来上がります。
サイトの読者である、ということは、サイト内の情報を信用しているとの前提がまずあります。

読者がサイト内のコンテンツとしての紹介記事を読んだならば、
外部サイトに飛んで読んだ広告記事よりも格段に購入率は高くなります。

そうすると、アフィリエイトや純稿で得た場合でも、
1PV当たり1円以上、3円4円、10円以上になることも珍しくありません。


ネイティブ広告を読ませやすいつくり

いくらネイティブ広告を書いたとしても、その記事が埋もれていては誰も読んでくれません。
キュレーション制作パッケージのGurateでは、二つの方法でより目に触れる機会を多くすることが出来ます。

カテゴリーに親カテゴリーを設定できる。

まとめや芸能の上に、紹介記事のカテゴリーを付けた時、
Gurateでは、まとめや芸能カテゴリーを表示した際に、
優先的に紹介記事カテゴリーの記事を紹介するようになります。

理想的なのは、親に体験記事を置き、その親に宣伝記事を設定する事で、二段階に誘導する事で、
非常に高い課金率のユーザーを広告先に送り出すことが出来ます。

広告カテゴリーを設定し、関連記事中に自動で挿入することが出来る。

ユーザーが一番クリックをしやすい部分は、記事を読んだ後の関連記事です。
そこに、広告記事を挿入する事で、より多くのユーザーを広告記事へ誘導することが可能です。

重要なのは、ゴールまでの道を作成する事。

ユーザーがどういう動きをしてここをクリックするのか。
そのユーザーがどんな時ならばクリックをしたくなるのか。
また、どんな記事を読んだ後ならば商品を買いたくなるのか。
全て、ゴールは購入する事や、クリックして何かアクションを行う事です。

何かを購入させたい時、芸能記事を読んでいるユーザーがふらっと買ってくるかもしれない…と言うゴールの設定が、PPC広告です。
そこから踏み込んで、芸能記事を読んでいるユーザーが気になりそうな商品の体験記事を読ませ、そこから商品の宣伝ページへ飛ばす事で購入へつなげる、と、ステップを用意してみる事で、収益性は変わります。

プラン詳細

ホスティングプラン

 初期費用15万円+月額ホスティング料5万円かPVの5%のうち高い金額(100万PVまでは5万円)
 設置・設定全て込みです。
 デザイン・カスタマイズ込(大幅なカスタマイズの場合は別途お見積りが必要な場合があります。)

 デザイン据え置きで色味の変更のみの場合は、初期費用10万円にて
 色味の変更や大幅な変更を伴わないデザインのカスタマイズは随時承っております。

購入プラン

 お問い合わせください。
 
 設置:10万円 Facebook、Twitter、Analytics、Bing、GoogleAPI設定込
 カスタマイズ:お見積り。

動作環境

 PHP5.6以上 MYSQL

お問い合わせお待ちしております。

記事下広告は最も効果の高い広告枠です。

オススメの記事オウンドメディア・キュレーションサイト制作パッケージ販売[GURATE]注目まとめ

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す