パソコンの最上部にも表示枠があります。
2016年11月29日更新

【川崎弁護士リポート】遺産相続問題でモメたら…

遺産相続という言葉を聞いたことのあるかたも多いことでしょう。しかしそもそもこの遺産相続とな何なのでしょうか?

ツイート
7views

遺産相続が発生すると、想像頂くよりもトラブルが多く発生します。
できれば、相続が発生する前に、すなわち、ご自分が亡くなったときにご家族で紛争がおこらないように、事前にご相談ください。
また、既に相続が発生したが、トラブルになって困っている、もめていて困っているということがありましたら、そのときもご相談ください。スムーズに相続の手続が完了するよう、全力で対処させて頂きます。

出典:www.kawasaki-asuka.com

遺産相続とは文字通り、遺産を残して亡くなった故人の遺産を、残された人たちで分割できる制度です。分割によって分けられた遺産はそれぞれの人の人生に活かされる事になります。

こうした中で、遺産分割で揉める場合というのがあります。私はこうこうこうでああなんだから幾らいくらもらえる権利があるなどと主張すること、他の人との軋轢が生じていまいます。これがいわゆる遺産相続問題です。この遺産分割で、いくら税金としては払わじなければならないのか、結果として導き出してくれます。

遺産相続って何?

遺産相続とは法律でも定められている制度です。相続は死亡によって開始されることになります。死亡には失踪宣告や認定死亡も含まれます。これは実際に死亡は確認されているわけではありませんが、死亡したとみなされる制度です。そして相続人は、相続開始の時点で相続人は、死亡したその人の財産の全ての権利や義務を受け継ぐことになります。

相続人は主に、亡くなったその人の子供、直系の尊属(?)、兄弟姉妹という順位で決まります。この順位については、遺言書などで特に指定が無い場合には特に変わったりするようなことはありません。

もしも相続人がいなかったら?

相続人が居ないような場合、もしくは相続人のすべては相続を放棄した場合には相続財産は法人という扱いになります。そして最終的に行き場の失った財産は国庫へと帰属することになりますが、行政側は処分された相続財産を現金としてしか受け取らないという問題があります。

記事下広告は最も効果の高い広告枠です。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

ビジネス・金融カテゴリーのまとめカテゴリーで人気のまとめ

関連するキーワードキーワードからまとめを探す